Google Apps for Workのメリット・デメリット

Google Apps for Workのメリット・デメリット

メール、カレンダー、ストレージ等がセットになったGoogle Apps for Workのメリット・デメリットを説明します。※for Businessはfor Workにサービス名が変わりました

for Workのメリット

  • Gmail等のGoogleサービスをドメインで使用できる
  • 無料版に比べて容量が多い
  • ホワイトリスト登録等の詳細機能が充実
  • 年間6,000円と、低コストで導入可能
  • Googleサービスなので、セキュリティが強固
  • シンプルなUIで軽量

デメリット

  • 中国で使用できない ※VPN等を導入して使用する事も可能
  • 月額支払にすると、手間がかかる
  • 管理画面のUIがよく変わる

上記のようなメリット・デメリットが挙げられますが、他のサービスと比較してもメリットのほうが多いと思います。ビジネスでは、いろいろなグループウェアを組み合わせて使うよりも、Googleのようにメール、カレンダー、ストレージ(drive)をシングルサインオンで使用できるほうが、作業効率向上に貢献できると考えます。

ビジネスに最適なグループウェア
Google Apps for Work

記事一覧
Powered by Seesaa Seesaa ブログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。